ご自分でデザインした鯉口シャツを着て祭りに参加してみませんか?

半纏を着て、帯を締めたら見えなくなってしまいますが、肌着にこだわりを持つって【粋】ですよ。
一枚からご注文を承ります。ダボシャツへの加工も可能です。

製作数が少ない場合の制作方法とご予算
鯉口シャツの背中、袖、胸の部分に加工致します(但し、鯉口シャツは当社にて用意できる品に限ります)
柄物にも加工可能ですが、刺繍、プリント、カッティングシート共に地柄が邪魔をして折角の意匠がはっきりと見えませんから、
無地の鯉口シャツへの加工をオススメしております。

無地鯉口シャツ

  • 当社オリジナル鯉口シャツ(晒・紬カラシ・紬赤)「大人用・子供用」
  • 当社オリジナル鯉口シャツ(黒・紺)「大人用」
  • 東京いろは鯉口シャツ(晒・黒)「大人用・子供用」
  • 東京いろはダボシャツ(晒・黒)「大人用・子供用」
  • 東京江戸一無地鯉口シャツ(晒・黒・藍染・ピンク・フジ・金茶・紺・青・赤・鼠・緑)「大人用・子供用」
  • 東京江戸一ダボシャツ(晒・黒・鼠・紺)「大人用・子供用」
  • シーチング生地から色を選び、無地の鯉口シャツを縫製することも可能です。(大人サイズで20数枚製作になります)

加工方法(シャツ代は別途必要)

  • 刺繍
    ワンポイントだけの加工に最適です。
    文字の書き順に沿った刺繍はその立体感が特徴です。豪華に見えます。スーツの裏側に入れるネームような小さな文字から、背に大紋のように大きく入れる事までサイズは自由です。ワンポイントの場合 1文字¥320~、家紋の場合¥2,160~ 文字や家紋のサイズによって異なります。大紋の場合 ¥8,000~ 文字や家紋のサイズによって異なります。
  • シルクスクリーンプリント
    半纏のような大紋を入れたい方にオススメ。袖口などへのプリントも出来ます。また、納期に十分な余裕がある場合、縫製前の生地にプリントしてから鯉口シャツに縫製するといったことが可能になりますので、色々と自由が利きます。(当社オリジナル晒、紬カラシ、紬赤に限る)型代 1色につき¥8,000~ サイズによって異なります。プリント代 1色につき¥700~
  • カッティングシート
    黒の鯉口シャツに白の意匠やキラキラのラメで艶やかな意匠をご希望の方にオススメです。ラバーのシートは二十色以上、ラメのシートは十九色からお選びいただけます。ワンポイントの場合 ラバー¥500~、ラメ¥850~ サイズによって異なります。大紋の場合 ラバー¥2,000~、ラメ¥3,700~ サイズによって異なります。
  • 反応染め
    半纏を製作する手法で染め上げ、鯉口シャツに縫製する方法です。半纏を製作する手法で染め上げ、鯉口シャツに縫製する方法です。また、全体に柄を入れたい場合でもこの手法であれば製作数は1着から可能です。生地は半纏製作と同じものを使用しますので、通常の鯉口シャツと比べますと厚くなります。1着から製作可能 ¥40,000~ 価格は柄の意匠によって異なります。また製作数が増えた場合は価格が下がります。
  • 注染(手拭に染めてから縫製)
    製作数が多く、全体に柄を入れた意匠をご希望の場合の制作方法です。
    注染といいますと、手拭、浴衣が有名です。
    こちらの手法で生地を染め上げ、鯉口シャツに縫製します。

    • 注意事項としまして、大人用鯉口シャツ約20着分を染める必要がございます。(シャツ10着のみのご注文の場合、残布もお買い上げいただくことになります。)
    • 型の価格は意匠によって異なります。細かい意匠ほど高価になります。
    • 型は100cmです。肩で縫い合わせた鯉口シャツになります。
    • 注染の弱点として細かい柄が苦手です。染物ですのでにじみなどが出ても大丈夫な方のみご注文下さい。
      (酷いにじみや汚れは先に除けてあります。)
  • 捺染染め(手拭に染めてから縫製)
    細かな柄を鯉口シャツ全体に散りばめたい方にお勧めです。
    型は100cmです。肩で縫い合わせた鯉口シャツになります。
    *注染と異なり、裏まで染料が染み込みません。